大竹市

人口
27,865 人※1
世帯数
11,749 世帯※1
農家数
292 戸※2

主な農産物

産出額
1.2億円※3
※1『平成27年国勢調査(人口等基本集計結果)から引用』
※2『2015年農林業センサス農林業経営体調査結果(平成29年3月31日公表)市町別統計表から引用した総農家数』
※3『平成27年市町村別農業産出額(推計)広島県から引用』

JA担当者からのメッセージ

JA佐伯中央
(管内エリア:廿日市市、大竹市)

 JA佐伯中央は広島市の西隣に位置しており、廿日市市と大竹市の2市を管内としています。沿岸地域はいちご、たまねぎ、いちじく、花卉等の栽培が盛んに行われており、特にバラは全国有数の産地となっています。中山間地域では水稲をはじめとして野菜、果樹等の園芸作物や観光農園、畜産など他種多様な農業生産が行われています。なかでも近年はほうれんそうを中心とした軟弱野菜の新規農業経営者育成事業の取組により生産、産地化に力を入れています。
 また「JA産直ふれあい市場」・「ファーマーズマーケット」において地産地消の取組として新鮮で安全・安心な農林水産物や加工品を供給することで農業所得の向上につなげ地域農業の活力向上を目指しています。